沖永良部島のマンゴーが、子供が「一生の思い出」と言うほど美味しかった!!

グルメ
スポンサーリンク

ハナメガネです。

私の母の田舎は、鹿児島県の沖永良部という島です。最近では、NHK大河ドラマの「西郷どん」のロケ地にもなりました。小さいころは家族でよく母の里帰りとして連れて行ってもらっていましたが、社会人になってからは残念ながら一度も訪れたことはありません。

 

行きたいですが、家族みんなで行くとなるとなかなか・・・。

 

サンゴ礁で出来た島で、とても海がきれいです。夜には夜空に星がいっぱいで、流れ星もずっと空を見上げていれば簡単に見ることができた記憶があります。

 

既に私の母方の祖父母は他界していますが、母の兄弟が住んでおり、頻繁に島でとれたじゃがいもや時計草(パッションフルーツ)などをいつも段ボールいっぱいに送ってくれます。あまり有名ではないかもしれませんが、沖永良部はメークインやゴールドなどのジャガイモもとても美味しいです。

 

そして、今回は沖永良部産のマンゴーを送ってくれましたので、島の紹介になればと思いご紹介したいと思います。

沖永良部島 観光案内 (社)おきのえらぶ島観光協会
沖永良部島の観光スポットやアクティビティ、おみやげ、飲食店、ホテルなどを紹介。ぜひ沖永良部島へめんしょり(いらっしゃい)。

スポンサーリンク

沖永良部島のマンゴー

 

開けてびっくり!!こんな立派なマンゴーは頂いたことありません!

ゴイゴイスーです!!!

 

おじさん、ずいぶん奮発してくれたなぁw

 

自慢になってしまうかもしれませんが、このマンゴーは間違いなく「いいやつ」ですw

いつもいろんなものを頂いて申し訳ないなぁと思っていましたが、これには本当にビックリ・・・。

こんな立派な奴は、店頭でもあまり見ないですし、あったとしても自分では手が出るものではありません。しかも、1つがこんなに大きく、立派!!!

重い、でかい、綺麗!!家族も子供達も大興奮です。

箱には沖永良部果樹生産組合と書かれており、生産者の方のお名前も記載されていました。合わせて「完熟マンゴーのおいしい食べ方」の説明の紙が一枚入っていました。

食べ方の紙には沖永良部島の地図もかかれています。私は小学校のころ、沖永良部島を説明するときは、「沖縄から北へ2つ行った島。与論島の北。けど鹿児島県」という風に説明していました。この地図では鹿児島県としての説明ですので、「徳之島の南の島」といったところでしょうか?

沖縄ではないのですが、島の人が話す言葉(特に年配の方同士で話されるとき)は横から聞いていても何一つ意味は解らなかったこと、又私の祖母も私にわかるようになれない標準語で一生懸命話してくれていたのをよく覚えていますw

 

スポンサーリンク

完熟マンゴー切ってみました

 

説明書の切り方のとおり、切って盛り付けてみました。

これは、写真でしか見たことのない・・・、あれだ!

写真が下手で申し訳ありませんが、テレビなどでマンゴーが紹介されるときの切り方ではありませんか!!!大興奮でございます!!!

完熟ですのでかなりうれています。早いうちに食べてしまった方が良いと考え、大玉二つ切って家族でいただきました!!!

(本当に、ゆっくり食べようとか思わない方がいいです。ケチケチせずに早く食べましょう!)

濃厚な果汁がたっぷりと甘く、南国フルーツ独特の香りが口いっぱいに広がります!!マンゴーを食べた後、長男が「一生の思い出になった!!!」といったのには笑ってしまいましたw

 

 

ですがこんな良いマンゴー、自分の人生でそう何度も口にすることはないだろうと思いましたwとても美味しかったですし、子供達も目をキラキラさせながら食べていた姿を見れたのが良かったです。

 

スポンサーリンク

大好きな島 沖永良部島

 

小さいころは潮が引いたあと、がけみたいなところを降りていって泳いで遊んでいたことをよく覚えています。(絶対に靴は履いたままでないと、サンゴで怪我します!

海がとてもきれいで、綺麗な魚や怖いぐらい大きな魚、毒をもった怖い生き物、変な生物など海の美しさや怖さを教えてくれた沖永良部島が大好きでした。海だけでなく、夜の星空も最高だったと思います。

大学生のころも1度だけ一人で行ったことがありますが、その時もスキューバダイビングできれいな海を堪能しました。祖母の料理も沢山食べ、「おかわりはいいのか?」とか「ご飯にしようか?」と何度もご飯を進めてくれて、断ると悲しそうな顔をするので無理して食べたことも今となっては良い思い出です。

今では行くことが全くなくなってしまいましたが、島の黒糖焼酎が好きでネットで購入して良く飲んだりします。因みに私は「稲乃露」をお湯割りで飲むのが好きです。(お湯割りはお湯を入れてから焼酎を注ぎます。)

箱の横には島の花「えらぶゆり」昇竜洞・田皆岬などの観光スポットの写真も載っています。私も、島に行くたび昇竜洞にはいっていたような気がします。

あと、フーチャという潮吹き洞窟からの吹上を見るために、台風のときに見に連れて行ってもらったような記憶もあります。今思えばあぶないことだと思いますが、島を知っている人と一緒だったので怖い記憶はありませんでした。

今までの人生の中で、この島に滞在した期間は本当に短い時間ですが、本当にいろんな思い出を作ることができた素敵な島です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

マンゴーから脱線気味になってしまいましたが、沖永良部島は本当に素敵な島です。自分の子供にも私が両親に過ごさせてもらったような時間をいつか経験させてみたいと思います。

島自体は本当に田舎で、何もないといえばないのですが、やはり自然を堪能してもらうのが一番だと思います。

ただ、自然は美しいですが怖いものでもあります。海などに行く際は、島の人の言うことをちゃんと聞いて行動してほしいと思います。

興味があれば、鹿児島県の沖永良部島へ是非いってみてほしいと思います。

 

それでは今日はこの辺で!!!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




ハナメガネ

41歳。3人の子供の父親であり、サラリーマン。
子育てと筋トレ・ランニング・読書を楽しんでいますw
ブログを続けることも、新たな目標として取り組んでいます。更新にムラはありますが、吐き出せることがあればアウトプットしていきます!

ハナメガネをフォローする
グルメ
スポンサーリンク
ハナメガネをフォローする
ハナブロ

コメント